2011年 6月 28 日

Adobe Flash CS5.5対応Swift 3D インポータ配布開始

カテゴリー: Swift 3D — ストーム君 @ 7:29 pm

今月一杯でキャンペーンが終了してしまうSwift 3D V6ですが、Adobe Flash CS5.5対応のインポータの配布を開始いたしました。

これにより、Swift 3D V6で作成したSWFTファイルを直接Flash CS5.5へと読み込んで、編集することが可能になります。もちろん対応しているのはCS5.5だけではありません。MX以降のFlashの全バージョンで読み込みが可能になっています。Windows/Macintoshそれぞれに対して日本語インストーラを用意しておりますので、インストール作業はいたって簡単!インストール後にFlashを再起動すると、SWFTファイルが読み込めるようになっています。

FlashへとSwift 3D V6で出力したデータを持っていくには、まずSwift 3D V6の以下のGUIからSWFTファイルを出力してください。

次にFlashを起動し、ファイルメニューから読み込みステージに読み込みもしくはライブラリに読み込みで製作しておいたSWFTファイルを指定すると、ステージやライブラリへとSWFTファイルを読みこまれるようになります。

読み込んだSWFTをステージ上で展開してみると、アウトライン/反射/影/色といったレイヤーに自動的に分けて読み込まれているのがわかりますね。また静止しているオブジェクトと動いているオブジェクトとをレイヤーわけを行うことで、データの重さを軽減しています。

Swift 3D V6だけでFlashのコンテンツを作る!というのではなく、インポータを使うことで、Swift 3D V6でつくったコンテンツをFlashの中で利用するといった使い方が自由にできるようになります。Swift 3D V6既存ユーザーの方には無償で下記弊社ダウンロードサイトより配布しております:

弊社ダウンロードサイト

Swift 3D V6キャンペーンはいよいよ今月末までとなりました。Swift 3D V6は体験版もご用意しておりますので、ぜひ一度お試しください!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年 12月 08 日

Swift 3D 円高還元キャンペーン 開始!

カテゴリー: Swift 3D, キャンペーン — ストーム君 @ 12:39 pm

弊社オンラインストアE@STORMでは本日からSwift 3D 円高還元キャンペーンを開始いたしました!

今回の円高還元キャンペーンでは通常販売価格34,650円(税込)のところ、24,990(税込)円でご提供させていただきます。1万円弱もお得なんですよー!

Swift 3Dってソフト、どんなことができるの?と思われる方は、まずこちらをご覧下さい↓

Swift 3D 開発元 Electric Rain社のギャラリー

通常、Flashといえば二次元のイメージが強いと思いますが、このSwift 3Dでは三次元でアニメーションを制作し、そのデータをFlashへと持ち込んで編集することが可能なんです!このようにFlashへの書き出しに優れているのは勿論ですが、バージョン6からはラスターレンダリングの速度もかなり向上し、簡単な3DCGアニメーションを作るのには何の問題もなく、初心者にもうってつけのツールですよ。

とはいえ、いきなり購入ってのは不安ですよね。そんな方はまず体験版をお試しください↓

Swift 3D V6 体験版配布のページ

手軽で簡単な3DCGソフトSwift 3D、これを機会にお手元に一本いかがですか?

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 10月 08 日

Swift 3D V6日本語版発売開始!

カテゴリー: Swift 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 10:51 am

Swift 3D V6日本語版の発売を開始しました〜!わーい!

と。。。言っても、もう先週ぐらいからですがw
今回も新機能が増えてますが、その中からブーリアンの機能を紹介します。やり方は上のスクリーンキャプチャを見てもらうとわかりやすいですが。。。

あけたいオブジェクト(立方体)を用意して、次に穴の形(円柱)を用意して、それぞれを選択して、ボタン一発で穴が空きます。?この時、穴に円柱のマテリアルである赤が穴の色になっています。上の例では穴を開けましたが、結合させたりすることも同様に簡単にできます。

その他の機能としては、テクスチャーの調節や、Papervision 3D V2、Colladaフォーマットのサポート等々
これまでの用に、フレーム毎にレンダリングしてSWF(SWFT)としてFlashに取り込むと言うよりも、3Dデータを作成して、Papervision 3Dにデータを持っていく時に便利な機能を強化した感じで、Flashの今のトレンドを踏まえたバージョンアップになってます。

あとは、ソフトシャドーや、ラスターレンダラーEMOの高速化(こいつが、とにかくものすごく早い!)などデザイナー向けの簡単に使える3DCGツールとして機能を強化してきたバージョンです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 9月 09 日

CG WORLD 10月号 vol.134

カテゴリー: LightWave 3D, Swift 3D — ストーム君 @ 12:26 pm

CG WROLD 10月号 vol.134

先週店長は、遅めの夏休みを取っててすっかりすっかり休みボケです。机においてあったCGWORLD 10月号 vol.134をパラパラと目を通すと、Swift 3D v6 日本語版の記事がちっちゃくですが載ってます。現在、発売のために準備中で、今週来週には、チョロチョロお見せできると思います。modo 401の記事も掲載されてましたね。

そんなことよりも今回注目なのが、同人CGアニメ「星に願いを Fantastic Cat」去年のクアスタでもご登壇いただいた市川量也さんの新作がいよいよ完成したようです。同人アニメは、テレビアニメの枠に縛られない自由な表現として、一番注目しているところです。同人アニメはコミケがベースで、ウサギ王のPIXは、音楽のインディーズが元みたいな感じですが、自由な感じは同じかも。。。というか、市川さんはPIX DVD VOL.3に作品収録されてましたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 11月 05 日

東京コンテンツマーケット2008に行ってきました

カテゴリー: イベント, ストーム君日記 — ストーム君 @ 11:58 am

もう先週になりますが、東京コンテンツマーケット2008に行ってきました。会場では、いつもお世話になってる、うもとゆーじさん率いるPIXや、前回のイベントでもお世話になった、アニマさん、そして今度DVDが発売になるCATMANの青池さんが出展されてらっしゃいましたので、ご挨拶をしてきました。

うもとゆーじさんとは新しい9.5.1の事や雑談をして「やっぱLightWaveがいいですよ?」とほめていただきました。アニマさんの出展されていたCOLORSは、LightWaveの機能をふんだんに使用した作品ですが、今回のTMCアワード2008では、見事審査員特別賞を受賞されていました。

また、今回カナダから来日されて出展されてた青池さんから、最近のCATMANでは、3Dが効果的に使用されているのですが、その3Dは、Swift 3Dで制作されていると、お話をおききしてたので、ご挨拶に行ったのですが、残念ながら、青池良輔氏は、いらっしゃらなかったのですが、奥様とご挨拶させていただきました。

写真は、「COLORS」を監督されたアニマの中村彰さんと、昨年のTMCアワードで受賞された「ペリカン生ビール」の作者のアニマの石川さんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 10月 14 日

dot fes 2008 にE@STORM登場!Swift 3D v5を特別販売いたします。

カテゴリー: Swift 3D, イベント — ストーム君 @ 10:28 am

今日、東京新宿で開催されるdot fes 2008 で、E@STORMもオンラインから飛び出して、Swift 3D v5の特別販売を行います。

通常Swift 3D v5 パッケージ版は36,750円で販売していますが、今回はイベント特別価格34,650円で販売します!
そして、会場だけでなく、オンラインでも明日10/15の15時までE@STORMでも、特別販売をいたします。

ダウンロード版の価格で、マウスパッド付きのパッケージ版が手に入る特別販売!ぜひこの機会にご利用ください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 9月 22 日

MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG その3.Illustratorで利用する

カテゴリー: Swift 3D, イベント, ストーム君日記 — ストーム君 @ 11:56 am

9月11日、12日行った、AppleStoreでのイベント「MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG」でご紹介した、Swift 3Dの3つの利用方法をご紹介します。

今回は、その第3弾Swift 3Dから出力したEPSファイルをIllustrator CS3に読み込んでみます。使用するデータはこちら。

EPS出力サンプル

このように、Swift 3Dでベクターレンダリングした画像は、Illustratorで使用してもその特徴を損なう事無く利用することができます。今回は、アニメーションの最後のフレームだけを選択して使用しましたが、全部のフレームをレンダリングして出力すると、作成したアニメーションのフレームの分EPSファイルが出力されます。

このファイルは、今回作成したアニメーションの最後の1フレームを塗りは、「均等塗り」影付きでレンダリングしてEPS出力したデータになります。では、ダウンロードしたサンプルをIllustrator CS3に読み込んでみます。

影付きでレンダリングしたせいで、影の部分が真っ黒です。それでも、大丈夫。Flashに読み込んだSmartLayer覚えていますか?影や塗りといったイメージの要素は、レイヤーに分解されて読み込むことができました。EPS出力でもそれは同様です。

ためしに、ダイレクト選択ツールで影の濃い部分を選択して、動かしてみました。

影の下から車の色が出てきました。影のレイヤーの不透明度を変更する事で、下のようになりました。

Swift 3Dのベクターレンダラーで出力した結果は、EPSファイルでレンダリングして、Illustratorに読み込んだ場合でも、Flashに読み込んだ時と影と塗りそしてアウトラインは分けて出力され利用することができました。今回は、アニメーションの最後のフレームだけを使用しましたが、アニメーション全部のフレームをレンダリングして、アニメーションのフレーム全部をEPSファイルに出力することもできます。

また、今回EPSで出力した理由は、以前に紹介したように、EPSの方がレンダリング時の塗りの種類が多いので、今回も利用しました。

さて、今回のセミナーでは、Swift 3Dの出力データをQuickTime、Flash、Illustratorで利用してみました。ほんのさわりだけですが、それぞれのソフトでの利用方法をご紹介できたと思います。

Swift 3Dの利用はまだあると思いますので、また機会を見てご紹介しますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 9月 18 日

MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG その2.Flashで利用する

カテゴリー: Swift 3D, イベント, ストーム君日記 — ストーム君 @ 11:52 am

9月11日、12日行った、AppleStoreでのイベント「MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG」でご紹介した、Swift 3Dの3つの利用方法をご紹介します。

今回は、その第2弾Swift 3Dから出力したSWFTファイルをFlash CS3に読み込んで、再生してみます。

Swift 3Dから出力されたSWFTファイル(均等塗り)
ボタンイメージ
ボタンイメージ(マウスオーバー用)

上のファイルはいずれもSWFTファイル、Swift 3D独自のファイルになりますので、Swift 3Dの製品版のインストール時に一緒にインストールされるSwift 3D Importerを正しくインストールしている場合には、Flash CS3から読み込むことができます。製品版を持っていない人も、DSTORMのホームページからダウンロード出来るので、試してみたい人は、インストールしてみてください。

さて、正しくSwift 3D ImporterのインストールがされているFlash CS3で「ファイル」「読み込み」「ライブラリに読み込み」とすると、下の図のように、読み込む事の出来るファイルの種類として、Swift 3D Importerが選ぶことができます。よく質問があるのですが、Swift 3Dから出力されるファイルは、FlashのプロジェクトファイルFLAファイルとは異なる形式のファイルですので、SWFTファイルをダブルクリックしても、Flashが起動する事はありませんので、必ず、ファイルメニューから「読み込み」でSWFTファイルを読み込むようにしてください。

無事に、ファイルが読み込めると、ライブラリに、SWFTのアニメーションが展開されています。

レイヤーを見ると、「Shadows (Motion)」「Colors (Motion)」と言った名前のレイヤーがあります。これらは、レンダリングした際に、影だけ、色だけ、アウトラインだけと言った要素に分けてFlashのレイヤーにして出力しています。この技術は、SmartLayerと呼ばれる、Swift 3D独自の技術です。SmartLayerについては、DSTORMのウェブサイトをご覧下さい。

このまま、ライブラリーからアニメーションをシーンにドラッグして配置します。プレビュー(「制御」ー「ムービーのプレビュー」)をしてもえんえんアニメーションを繰り返すだけなので、レイヤーを追加して、1フレーム目と39フレーム目に、「空白キーフレームの挿入」を行い作成したフレームに、ムービークリップを停止させる命令を記述します。

stop();

このままだと、プレビューしてもムービークリップは、停止したままなので、アニメーションの再生制御するボタンを作っていきます。ボタンイメージ2つをライブラリに読み込みます。「新規シンボル」タイプはボタンをせんたくして、シンボルを作成します。

ボタンのシンボルの編集画面に移動して、アップと、オーバーにキーレフームを作成し、アップにボタンイメージ、オーバーには、ボタンイメージ(マウスオーバー用)をいれます。オーバーの後は、ヒットまでフレームを入れておくもの忘れないでください。

作成したボタンをシーンに配置して、適当な大きさにします。

この後は、ボタンを制御するのですが、シーン上にあるムービークリップと、ボタンにそれぞれインスタンス名として、ムービークリップには「mc_3D」、ボタンには、「btn_play」と入力します。次に、ムービークリップを制御するために、ボタンを押されたら、ムービークリップを再生されるように、アクションを記載します。今回は、ActionScript 3(AS3)でプロジェクトを作ったので、イベントの書き方もAS3の形式で記述します。アクション記述のために、シーンのレイヤーを追加して、最初のフレームに下記のアクションスクリプトを記述します。

function startMC(event:MouseEvent):void {
this.mc_3D.play();
}
this.btn_play.addEventListener(MouseEvent.CLICK, startMC);

startMCという関数を作成して、この関数が呼び出されると、mc_3Dに再生(play)が実行されます。次の行では、addEventListenerを設定して、btn_playにたいしてイベント:クリックが起るとstartMCという関数を実行しなさいと記載しました。

そうして、完成したのが、上のFlashになります。マウスオーバーでペコペコとボタンがへこんで、クリックするとムービーが開始されます。さっきのアクションスクリプト、今回のサンプルだけ出なく、ActionScript3ならなんでも同じだと思いますので、ぜひお試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 9月 15 日

MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG その?QuickTime Proで合成

カテゴリー: Swift 3D, イベント, ストーム君日記, 商品の説明 — ストーム君 @ 3:14 pm

9月11日、12日行った、AppleStoreでのイベント「MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG」でご紹介した、Swift 3Dの3つの利用方法をご紹介します。

Swift 3D で出力されるビデオファイルは、アルファチャネルをサポートした形式で出力されていますので、QuickTimeProで合成も可能です。今回は、先日の日記のサンプルをベースにお話しています。

タイトルムービー(サンプル)
合成されるムービー

タイトルムービーは、Swift 3Dでアニメーションを設定して、ラスターでレンダリングしました。QuickTime(以下QT)形式で、コーデックは、アルファを含んで出力出来るPNGを選んでレンダリングしています。そうすると、上のサンプルのようなタイトルムービーができます。

次に、QuickTime Proに出来上がった、QTのタイトルムービーを読み込み、「編集」ー「全てを選択」して、再度「編集」ー「コピー」を実行します。

次は、合成されるQTファイルを、開きます。開いたら、タイトルを差し込みたい秒数の所にプレイヘッドを移動しておきます。

次に、先ほども使ったメニューの「編集」-「選択範囲に調整して追加」を実行させますと、プレイヘッドの後からSwift 3Dで作ったムービーが差し込まれています。

ただ、このままでは、アルファチャネルが有効になっておらず、背景はグレーのままです。こんどは、「ウィンドウ」ー「ムービーのプロパティ」を表示させて、重ねた3Dムービーの「ビデオトラック2」を選んで「ビジュアル設定」を選ぶと、左下にマスクの透明度指定する所があるので、「ストレートアルファ」を指定する。

そうすると、下のように実写の上に3Dのアニメーションが合成できました。

QuickTimeProで簡単に合成することができました。今回は、MacOSX版のQuikTimeProだったけど、Windows版でも同じ手順で行うことができますよ。

ちなみに、無償のQuickTimeだと出来ないはずなので、必ずQuickTimeProでお試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 9月 12 日

MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG ムービー

カテゴリー: Swift 3D, イベント, ストーム君日記 — ストーム君 @ 10:30 am

昨日、アップルストア銀座で「MacBookとSwift 3Dではじめる3DCG」セミナーを行いました。なんだか緊張しちゃって、イマイチな内容だったので、ただ今自分にダメだし中ですが、今日も大阪心斎橋のアップルストアでも行います。キモチを引き締めて頑張ります。

上のムービーは、今回のセミナーのサンプル用に作ったムービーです。
ありえない車の動きですよね。アハハ

このエントリーをはてなブックマークに追加
次ページへ »

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.