2012年 9月 24 日

LightWave+Unity連携ワークフローのご紹介

カテゴリー: LightWave 3D, イベント — ストーム君 @ 2:36 pm

ゲームなどの開発環境ツールとして現在大変注目を集めているUnity、そのUnityの利用法を様々な側面から紹介するセミナーが10/09(火)、3Di株式会社様主催で開催されます↓

この中で、弊社からも「LightWaveを使用したUnity用データ出力のワークフローの紹介」と題して、LightWave 11で作成したデータをUnityへとスムーズに持っていく方法などをご紹介します。短い時間ではありますが、その分、かなり的を絞ったセミナーとなる予定です。

またUnityと聞くと「自分には難しそう」とか「開発環境とかって自分には縁がない」と思われるクリエイターの方もいらっしゃると思いますが、当日行われるセミナーは、あくまでCGクリエイター様向けのセミナーとなっておりますので、「Unityに興味はあるけどよくわからない」といった方でも面白い内容になっているかと思います。

LightWave 11からつながるUnityの世界を覗いてみませんか?LightWave+Unityの組み合わせにご興味のある方は、ぜひ会場まで足をお運びください。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 9月 04 日

LightWave Creator’s Summer Session 2012のご報告

カテゴリー: LightWave 3D, イベント — ストーム君 @ 12:21 pm

2012/08/31に開催されましたイベントLightWave Creator’s Summer Session 2012では、大変多くの方々に会場まで足をお運びいただきました。またUSTREAM配信でも、多くの方にご視聴いただき、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。本当にどうもありがとうございました!今回はこのLightWave Creator’s Summer Session 2012の模様をレポートいたします。

まずは冒頭、LightWave 3Dグループ代表Rob Powers氏からのビデオメッセージをご紹介:

その後、弊社ディストームより、Bullet物理演算/インスタンス/フロッキング/VPR拡張などのLightWave 11新機能LightWave 11.5のほんのさわりをご紹介させていただきました:

実際に新機能を操作しながら見ていただくのは、今回のイベントが初めてだったこともあり、ほぼ満席の会場の中、熱心に聴いていただいておりました。

さて、ここからはいよいよメインイベントとなるトークイベント!1組目の登壇者である渡辺 哲也様+AIC様による「LightWaveによるアニメーション制作ワークフロー 制作事例」です:

ペルソナ4」などご存知の身近なタイトルを題材にした製作の流れなどは、皆さんのご興味も大きかったようです。それにしても、あまりに短い制作期間に対する作品の完成度の高さたるや驚異的!でした。

次の2組目の登壇者は鈴木朗様からは「押井守監督「重鉄騎」PVを題材としたテクニック紹介」をご披露いただきました:

押井守監督が書かれたコンテから、実際にどのようにシーンが生み出されたのかなど、普段はなかなか伺うことのできない面白い話を聞かせてくださいました。また望む絵を作るために各所にちりばめられた、まさに目からウロコのような貴重なチップスの数々は、実際に制作されている方にとって今すぐにでもお役に立てられるかと思います。

そして最後の登壇者となる森田 修平監督+サンライズ様からは「LightWaveを使用した力技テクニック」:

アヌシー国際アニメーション映画祭2012オフィシャルコンペに選出された「九十九」を題材に、LightWaveでの実際のシーンを様々な角度から見せていただきました。「フリーダム」「コイ☆セント」でも一貫してそうですが、整合性より何より、カメラから見た絵でどれだけ目指す絵に近づけるのかということにフォーカスしたシーン構築は、大変参考になりました。

九十九」の全編が見られる日が、本当に待ち遠しいですね!

ちなみに、サンライズ様では近くロボットアニメプロジェクトが始動するそうで、人材を募集しているとのこと!我こそはと思われる方は、ぜひサンライズ様までお問い合わせください。

今回のセミナーはUSTREAM配信を行っており、LightWave 3Dグループ代表Rob Powers氏も時差にめげることなく、最後まで今回のセミナーを視聴していたとのこと。日本のアニメーションが大・大・大好きなRob Powers氏も大満足だったそうです。

配信機材はもちろんTriCaster!バックライト装備のコントローラを使えば、暗い中の操作も全く問題ありません。高画質のUSTREAM配信をお楽しみいただけたことと思います。今回のセミナーの様子はアーカイブとしてアップロードされておりますので、都合があわず会場においでいただけなかった方リアルタイムで配信を見られなかった方、またもう一度セミナー内容を見直してみたい方は、ぜひこのアーカイブをご覧下さい。

さらにセミナー終了後は懇親会が行われました。ゲストスピーカーとして、うもとゆーじ様あつたけ様神風動画様+サブリメーション様をお迎えして、LightWaveを活用して制作された映像の数々をご披露いただきました:

ゲストスピーカーの方々が訥々と、時に熱く語られるLightWaveへの想いを伺い、他のユーザーの皆様も頼もしく、また思いを新たにされたことではないでしょうか。

様々なLightWaveユーザー、クリエイター、また「LightWaveの良さを一人でも多くの方にお伝えしたい、クリエイターを目指す方々のためのお手伝いをしたい」という私共の理念に賛同し支援してくださるスポンサー様のおかげで無事開催することができた今回のLightWave Creator’s Summer Session 2012、これからも継続的に開催していけるようスタッフ一同努力してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 8月 16 日

SIGGRAPH 2012 NewTekブースレポート!

カテゴリー: LightWave 3D, イベント — ストーム君 @ 10:15 am

先週(08/07~09)、米ロサンゼルスにて行われたSIGGRAPH 2012にNewTek社がブースを出展いたしましたので、その様子をご紹介します。

このSIGGRAPH 2012では、入り口を入るといきなりLightWave 11の看板がドドーン!

力の入り具合がわかりますね。展示会会場の入口を入ると、いきなりそこにはNewTek社のブースが登場。

LightWave 3D Group代表のRob Powers氏をはじめ、Lino Grandi氏、Dave Vrba氏らと共に、PS3のMoveコントローラを5台同時に接続してレイアウト内のアイテムと同期させるバーチャルスタジオのデモが行われていました。

他に著名な3DCGソフトウェア各社がブースを出展していましたが、TriCasterなどの映像機器を有するNewTek社ならではの映像を駆使したブースは、他とは明らかに一線を画しており、その流れる映像の豊富さは群を抜いていました。

また、今回は大きな目玉として、次期マイナーバージョンLightWave 11.5の新機能に関するデモンストレーションも行われました!

新しいモデリングツールやリギングツールGenoma、Bullet物理演算によるソフトボディ、インスタンスやフロッキングのオプション追加など、内容は盛りだくさん!LightWaveテクニカルチームの面々がそれぞれデモを行ってくれました。

まだLightWave 11.5のリリース時期などは決定されていませんが、詳しい内容が決まり次第お伝えするようにいたします。

さらに、子供番組から超人気ドラマまで、様々な映像作品を生み出しているクリエイター達を招いたインタビューの数々。どれも興味深く、またどの作品も素晴らしいものばかりでした。

大勢の参加者が足を止め、耳を傾けていた今年のNewTekブースのデモ内容は、TriCasterを使ってUSTREAMでリアルタイム配信されていましたが、現在アーカイブもアップロードされておりますので、興味のある方はぜひご覧下さい!

SIGGRAPH 2012 NewTekブース 映像アーカイブ:http://www.ustream.tv/lightwave3d/videos

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 8月 02 日

「LightWave Creator’s Summer Session 2012」開催のお知らせ!

カテゴリー: LightWave 3D, イベント — ストーム君 @ 5:54 pm

来る8月31日(金)、LightWave 3Dのイベント「LightWave Creator’s Summer Session 2012」を開催させていただく運びとなりました!LightWave 3Dのイベントとしては久々ですが、LightWave 11新機能紹介に加え、3組のクリエイターの方々をお迎えし、それぞれの製作現場の声をお届けするトークイベント・セミナーです。暑い夏もこんなステキなイベントで乗り切ってしまいましょう!

イベント内容の詳細についてはこちらのページをご覧ください↓

「LightWave Creator’s Summer Session 2012」

皆様からのたくさんのお申し込み、お待ちしております!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 6月 05 日

CGWORLD誌にてLightWave 11 レビュー記事掲載!

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 11:47 am

CGWORLD 7月号にて、LightWave 11のレビュー記事が掲載されます!

このレビュー記事を書いてくださったのは、LightWave 3Dのヘビーユーザーの一人であり、映像製作の現場の第一線で活躍されている(株)ケイカの由水 桂氏インスタンス粉砕Bullet物理演算(ダイナミクス)FBX入出力VPRFiberFXといったLightWave 11で新しく追加されたメジャー機能、また大きく改修された機能についてのレビューを、自身で製作された画像と共に紹介してくれています。

このレビュー記事では、LightWave 11をメーカー側からではなく、あくまでLighWave 3Dを使用して映像制作を続けてこられた由水氏ならではの視点から解説されていますので、ユーザーの皆さんにとっても大変興味ある内容になっているかと思います。

レビュー記事を見て、改めてLightWave 11にご興味をもたれた方は、ぜひ体験版をお試しくださいませ!体験版用ライセンスキーを取得していただければ、30日間機能制限なしにお使いいただけますので、十分にその機能をご確認いただけます↓

LightWave 11 体験版ダウンロード

またLightWave 11の新機能に関しては、わかりやすい日本語字幕付き新機能解説ビデオをご用意しています。今後も日本語化ができ次第、順次ビデオのラインナップを増やしていく予定ですので、どうぞお楽しみに!↓

LightWave 11 日本語字幕付き新機能解説ビデオ

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 5月 28 日

LightWave 11正式日本語版リリース開始

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 3:06 pm

長らくお待たせいたしました!本日より、LightWave 11正式日本語版リリース開始となりました!

この正式版では日本語リファレンスマニュアルがLightWave 11対応となっており、また最新版SP1対応のプログラムに入れ替えられております。プレリリース版をご購入いただきました方も、弊社ダウンロードサイトにてこの正式版プログラムを配布しておりますので、どうぞダウンロードのうえ、お使いいただけたらと思います。

弊社ダウンロードサイト

さらに今回、この正式版リリースに合わせまして、NewTekより公開されていますLightWave 11新機能ビデオも日本語字幕つきで公開いたしました。今後さらに日本語化を進め、順次公開していく予定でおりますので、どうぞお楽しみに!

(新機能ビデオはYoutubeでも公開しております)

また、LightWave 11で新たに製作したカタログもオンラインで公開しております。本ソフトをご使用いただいているユーザー様たちよりたくさんの画像をご提供いただきまして、とってもステキなカタログに仕上がりました。ぜひそちらもご覧下さい!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 3月 26 日

LightWave 11 プレリリース日本語版(アップグレード)リリース開始!

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 12:56 pm

先週より神風動画様製作のLightWave Creator’s TIPS 「神風式 Lite – LightWave 3D編」 うもとゆーじ様著作のLightWave★Beginnersと、関連商品が続々とリリースされているLightWave 3Dですが、お待たせいたしました!LightWave 11プレリリース日本語版(アップグレード)のリリースを本日より開始いたします!

このLightWave 11、インスタンスフロッキングBulletダイナミクスフラクチャといった様々な新機能が搭載されているだけでなく、互換性やワークフローの向上といった点にも手が加えられています。

特に国内ユーザー様にオススメしたいのがVPRのエッジ表示サポート!以前よりセルアニメーションなど製作される多くのユーザー様から、VPRでエッジが確認できるようにしたいとのご要望を多数いただいておりましたが、そのご要望にお答えし、LightWave 11よりVPR上でのエッジ表示がサポートされるようになりました。

今まではテストレンダリングを行わないとエッジを確認できなかったものが、VPR上でエッジが表示されるようになったことにより、トライアンドエラーを繰り返す中で確実に作業効率をあげることができるようになっています。

弊社スタッフも自信を持ってオススメするLightWave 11プレリリース日本語版(アップグレード)、このようなパッケージで皆様のお手元へと本日より出荷開始です!

今回のLightWave 11プレリリース日本語版(アップグレード)では、お持ちのLightWave 3Dのバージョンによって様々な価格設定を行っております。ぜひ、下記サイトよりお手元にあるLightWave 3D旧バージョンからのアップグレード価格をご確認のうえ、ご購入をご検討ください!

アップグレード製品タイプ確認

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.