2011年 11月 25 日

LightWave 10 トレーニングビデオ ノード編リリース

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 11:10 am

LightWave 10トレーニングビデオに新しいラインナップが加わりました。

今回はなんとノード編

ノード機能はひとつ前のバージョンLightWave v9より搭載された機能ですが、取っ掛かりがつかめなくて、なかなか手を出せなかった方も多いのではないでしょうか?このビデオでは、そんな初心者の方を対象にノードの基本的な接続方法から、ノードを使った質感や変形の設定方法について解説しています。

ノード機能は、従来の色質感編集では出せなかった表現を可能にするだけでなく、アニメーションやメッシュ変形など様々な分野におけるコントローラとしてこれから先もどんどん活用されていく機能ですので、ぜひこのビデオを参考にノードを触ってみてください。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 9月 05 日

SpriteGen機能の実践使用法

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 2:57 pm

LightWave 10から搭載されているSpriteGen機能は、ゲームなどで多用されるスプライトアニメーション用データを出力するための機能です。

このSpriteGen出力機能を、実際のゲームアニメーション製作用の編集ツールGame Editorの使い方とともに解説しているビデオが公開されています↓

ゲームアニメーションを製作される方にはこのSpriteGen出力機能、とてもおススメのLightWave 10新機能となっています。

ちなみに、個人的にはこのビデオの中で解説されているノーマル移動ツールを使用してドーナツ型モデルの太さを簡単に変更する方法、当然の使い方ではあるのですが、これほどピッタリくる使用法は目からウロコでした。このノーマル移動ツールを使えば、曲線に沿って押し出したパスなども、後から太さを変更することが簡単にできるんですね。使いこなしていないだけで、まだまだ便利なツールがモデラーの中には揃っているのだと、改めて実感しました。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 9月 01 日

LightWave 10.1 日本語版ダウンロード開始!

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 5:06 pm

いよいよ本日よりLightWave 10.1日本語版ダウンロードを開始いたしました!

このバージョンアップでは、新しいサブサーフェイススキャッタリング用ノードの追加、ステレオスコピック機能の拡張、FBX出力の改修などのほかにも、様々な機能追加・修正が行われています。

詳しくはLightWave 10.1新機能リストをご覧ください。また、各機能に対応する日本語字幕つき機能紹介ビデオも公開しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

このLightWave 10.1日本語版は、LightWave 10日本語版をお持ちの方に弊社ダウンロードサイトより無償でご提供いたしておりますので、ぜひご利用くださいませ!

LightWave 10.1 日本語版ダウンロードはこちらから。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 8月 29 日

アップグレードキャンペーン終了間近!

カテゴリー: LightWave 3D, イベント, キャンペーン — ストーム君 @ 7:30 pm

LightWave 10 アップグレードキャンペーンですが、いよいよ今月末で終了です!

このキャンペーンでは抽選で40名様にOVA「コイセント」のDVDを、さらに100名様にLightWave T-シャツをプレゼントいたします!

このアップグレードキャンペーンで最新のLightWave 10を手に入れ、3DCG Awardsに応募してみませんか?

昨年度の3DCG AWARDS 2010の一般部門で優秀賞を獲得された 大谷太郎様作品「ちょう使いまわし」はLightWave 3Dを利用して制作された、とっても素敵な作品です。

今年も皆様からの新たな作品が届けるられることを、心よりお待ちしております!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 7月 29 日

NewTek社よりLightWave 10.1リリース開始!

カテゴリー: LightWave 3D, キャンペーン — ストーム君 @ 5:10 pm

2011年7月28日、NewTek社よりLightWave 10.1のリリースが開始されました!

今回のマイナーバージョンアップでは、新しいスキンノードの追加、またステレオスコピック機能、FBX入出力機能、FiberFX機能などに対して、大幅な機能追加・改修が行われています。新機能を紹介する動画も公開いたしておりますので、ぜひそちらもご覧ください↓

新機能紹介ビデオページ

現時点におきましては、LightWave 10.1日本語版の配布開始は8月下旬を予定し、準備を進めております。どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。

また、これにあわせましてアップグレードキャンペーンを実施しております!8月31日までにLightWave 10アップグレードをご購入いただいた方の中から総勢140名様にステキなプレゼントを贈呈いたします。

キャンペーンの詳細につきましては、こちらのページをご覧ください↓

LightWave 10 アップグレードキャンペーン

LightWave 10.1の新たなビデオで新機能を確認していただき、ぜひぜひアップグレードをご検討くださいね!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 6月 17 日

JetStreamFX 日本語版登場!

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 11:34 am

infiniMap Proの販売を開始したばかりですが、LightWave 10対応のプラグインはそれだけではありません。

今回、新たに日本語インターフェイスで生まれ変わったLightWave 10対応 JetStreamFX を販売を開始いたしました!インターフェイスが完全日本語化されたことにより、さらに使いやすく直感的に設定できるようになりました。

JetStreamFXは煙や炎といった表現を、OpenGLを利用することで、高速にレンダリングするためのプラグインです。もちろんLightWave 10にも標準でそういったエフェクトを表現するための機能も実装されていますが、このJetStreamFXの場合、OpenGLを利用した描画なので、はるかに高速な描画が可能になります!ただし、グラフィックボードの機能に依存している関係上、どうしてもグラフィックボードやそのドライバのバージョンによっては正しくレンダリングできないケースもあります。ご興味がある方は、ぜひ体験版をご利用いただき、お使いの環境で問題なくご使用いただけるかをご確認の上、ご購入を検討くださいませ!

体験版では、製品版と同様のサンプルシーン、マニュアルが付属しておりますので、存分に納得されるまでお試しください!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 5月 25 日

LightWave 10 正式版発売開始!

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 5:44 pm

大変長らくお待たせいたしました!いよいよ本日2011年5月25日よりLightWave 10 正式版の発売を開始いたしました!

この日本語正式版、今までリリースしていたプレリリース版との最大の違いは、なんと言ってもLightWave 10 完全日本語リファレンスマニュアルが付属していることです。プレリリース版リリース時には、一刻も早くアップグレードユーザーの皆様にLightWave 10をお届けすることを第一に考え、LightWave v9 リファレンスマニュアル+LightWave 10 新機能ガイドという組み合わせでお届けしておりましたが、この正式版では完全日本語リファレンスマニュアルが付属しておりますので、はじめてLightWave 3Dをお使いいただく方でも戸惑うことなくご使用いただけるようになっています。

また、プレリリース版では日本語環境において正しく日本語が表示されない、入力できないなどの問題がありましたが、プログラム自体にも修正を加え、この正式版では日本語オブジェクトの作成が可能になっています。他にも、LightWave 10用に対応するよう改変した弊社製プラグインも組み込まれています。

無償英語版対応の方は、日本語キットでLightWave 10 日本語正式版を手に入れることも可能ですので、ぜひご検討ください。

今回は4年ぶりのメジャーバージョンアップということで、カタログも気合を入れて作りました!中面には国内ユーザー様からご提供いただいた作品が多数掲載されておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 5月 06 日

LW 10新機能ビデオ:ステレオスコピック・カメラリグ編

カテゴリー: LightWave 3D, チュートリアルビデオ — ストーム君 @ 5:04 pm

LightWave 10新機能の一つである「ステレオスコピック・カメラリグ」をご紹介する、日本語字幕付ビデオが公開されました↓

旧バージョンのLightWave 3Dにもステレオ機能は搭載されていたのですが、LightWave 10ではこの機能を完全に書き換えることで、非常に強力な機能へと改良しています。OpenGLビューポート上でアナグリフを確認できるため、簡単にパラメータの調整が行えるうえ、視差や収束点を表すパラメータに対してアニメーションを設定することも可能です。

LightWave 10でパワーアップしたステレオスコピック・カメラリグの機能、ぜひお確かめください!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 4月 11 日

シャープスマートフォン3Dコンテストのご案内

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 11:33 am

LightWave 10で強化された立体視機能、もうお試しになりましたか?

立体視といえば現在、シャープ様主催で新たにスマートフォン用3Dコンテストが開催されています。

このコンテスト、昨年12月より3D映像コンテストが実施されていましたが、この4月より、新たにCG・アニメーション部門として開催されるようになりました。優秀賞に選出された作品は、豪華賞金プレゼントの他、アメリカアカデミー賞公認のショートショートフィルムフェスティバルに新設される3D部門に審査対象作品としてノミネートされるそうです。審査員も稲蔭雅彦氏、押井守氏、富岡聡氏と超豪華な顔ぶれが揃ってらっしゃいますね。

LightWave 10で強化された立体視機能を試しがてら、コンテストへの応募も視野に入れてみてはいかがでしょうか!

コンテスト詳細につきましては、こちらのウェブサイトをご覧ください↓

シャープスマートフォン3Dコンテスト

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 3月 28 日

LW 10新機能ビデオ(MDD機能強化)&Youtubeチャンネル

カテゴリー: D-Stormよりのお知らせ, LightWave 3D — ストーム君 @ 7:32 pm

LightWave 10 では新しく機能が追加されただけではなく、従来備えられていた機能がさらに強化されています。

MDD機能の強化もその一つ。MDDとはファイルフォーマットの一種であり、オブジェクトの変形アニメーション(各頂点の時間軸に対する変位アニメーション)を保存しておくフォーマットです。このMDDを介することで、他のアプリケーションへも変形アニメーションの情報を共有できるのですが、LightWave 10ではその機能がさらに強化されることになりました↓

Youtubeの字幕機能を使っていますので、ご覧になる際はCCボタンで字幕をオンにしてください。

弊社ウェブサイト上には字幕付QuickTime形式のムービーも置いてありますので、ダウンロードされる方はそちらをどうぞ↓

http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/lw10/onlinevideos.html

また、ディストームでは新たにYoutubeにD-Stormチャンネルを設けました!

http://www.youtube.com/user/DStormMedia?feature=mhum

こちらのチャンネルには、LightWave 10の新機能紹介ビデオ、LightWave v9.6の新機能ビデオ、プラグインの紹介ビデオなど、さまざまなビデオがアップされています。まだ見たことのない機能や製品が見つかるかもしれません。ぜひD-Stormチャンネルまで遊びに来てください!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
次ページへ »

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.