2009年 10月 27 日

CG WORLD vol.136 12月号

カテゴリー: LightWave 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 4:24 pm

CG WORLD vol.136 12月号

今回は、液晶CGと銘打って、パチンコ・パチスロ向けのムービーメイキングが特集されていました。先日のLightWave Creators Nightでご登壇いただいた、アニマも掲載されていて、当然モデリングで、LightWave 3D使われているとのことです。

あと、注目の記事が、「46歳の新人モデラー」成田昌隆さんの記事。LightWave 3D で独学でCGを学習し、NewTek Expoでデジタルドメインのリチャード・モートン氏と知り合い、紆余曲折あった末、見事に転身、現在はモデリング・アーティストとして活躍されているという記事。LightWave 3DでCGに出会い、イベントで人と出会い、そして成功 。ぜひ、LightWave Creators Nightもそういう出会いのあるイベントにしていきたいと思いましたよ。

こんな事を書いていると、CG WORLDを出版されているワークスコーポレーションさんがボーンデジタルさんに株式譲渡されたとニュースが飛び込んで来ました。CG WORLDは、今後も続けると言うことなので、ぜひ頑張っていただいて、CG業界盛り上げていただきたいと思いました。

そういえば、リチャード・モートンさんは、LightWave v9のラウンチイベントでもご登壇いただいていましたね。VIDEO JOURNAL の記事がありましたので、リンク

VIDEO JOURNAL リチャード・モートン インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 5月 26 日

CGWORLD リニューアル 7月号

カテゴリー: LightWave 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 10:29 am

CGWORLD 7月号

CGWORLDがリニューアルになりましたね。ロゴや表紙のデザインだけでなく紙の感じもかわってて、結構良い感じです。今回は、特集「CGキャラクター誕生の秘録」で、アニマの石川さんPSP版戦国BASARA BATTLE HEROESで、LightWaveを使ってキャラクターアニメーションの制作されたので、紹介されていました。ボーンのセットアップなんかも画面キャプチャが載ってるので、参考にできるんじゃないかと思います。

第2特集としては、「デジタルサイネージの作り方」という記事が載ってます。このデジタルサイネージ、実はエヌジーシーにとって、現在力を入れている事業の一つです。

簡単に言うと電子看板なのですが、この電子看板、映像や音楽などのデジタルコンテンツを再生できると言うことで、現在、CGや映像などのデジタルコンテンツの制作をしている制作者の方々の作品が再生できます。おまけに、映画館、テレビ、ゲームなど限られたメディアではなく、看板ですから町中のどこでもあるので、デジタルコンテンツを再生する機会もそれこそ無限に有るのです。その結果、皆さんのお仕事も増やすことができるんじゃないかと期待している分野なんですね。

今回その特集に、エヌジーシーのデジタルサイネージの担当者と、うちのデザイナーが掲載されています。
文中のコメントは若干表現がオーバーで本人はその様には話してないとは言ってますが。。。w
どう書いてあるかは、ぜひ記事をご覧ください。

これからデジタルコンテンツの制作者を目指しているかたには、ゲームや映画、PV、Webなどのこれまでのメディアだけでなく、新しいメディア
デジタルサイネージについても注目しておくといいと思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 4月 24 日

CGWORLD 6月号 フォントの世界へ

カテゴリー: 商品の説明 — ストーム君 @ 10:20 am

CGWORLD 6月号

今日CGWORLD 6月号が届きました。江口洋介さんのGOEMONの写真が印象的ですね〜。
そして、WACOMさんの製品紹介で、神風動画の水崎さんがでてますね〜。机脇の「妥協は死」の言葉が目立ってますw

しかし、「第2特集フォントの世界へ」に注目!

皆さんフォントの使用許諾のほとんどは、印刷利用がメインで放送や映像の用途で使用するためには、別途契約が必要な場合があるってご存じでした?

実は店長知ってました。

なぜなら、E@STORMでは、放送を含めた2次利用が可能なフォントが20書体入ったエヌジーシーオリジナル商品「Japanese Font Viewer」を販売しているからなんですね〜

こいつを使えば、どうどうと放送や映像などに使用することができるんですね〜。おまけに買い取りなので、購入されればずっとこの権利をつかってもオッケーなのです。ポストプロダクションやCGスタジオなど映像製作されている方ぜひご検討ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 3月 25 日

CG World 5月号

カテゴリー: LightWave 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 11:18 am

CG WORLD 5月号

本日CG World 5月号が届きました。今月は、NGCの新しい、Mayaの有償トレーニング「キャラクタ編」と「レンダリング編」の広告を載せています。

ぱらぱらっと記事を見てみると、先日のアニメフェアのトコでも触れた市川さんがばーんと掲載されていたり、LightWave COREについての紹介があったり、あとはソニックのメイキングなど、結構興味のある記事もあったので、仕事の合間に読んでみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 2月 24 日

CG WORLD 4月号 ・ CGプロダクション&クリエイター2009 が届いた

カテゴリー: LightWave 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 2:16 pm

CG World 4月号 / CGプロダクション&クリエイター2009

今日広告を出してる「CG WORLD 4月号」と、「CGプロダクション&クリエイター2009」のサンプルが、届きました。今月号では、Quadro CXの取材で店長がご紹介させていただいたサンライズの小久保さん、年末に放映された「ラブローラーコースター」の堀江さん、そしていつもお世話になっている、神風動画の水崎さんと、LightWave 3Dで活躍されている方々の記事が載ってました。

今回特集が「少人数で打ち克つ」ということで、少人数でのCGアニメーション制作に小回りのきくLightWave 3Dのクリエイターさんが多く掲載されたんだと感じました。「ラブローラーコースター」の制作で紹介されてる、LightWaveのネットワークレンダリングシステムなどは、なにかとネックになりがちな予算的な面で助かるレンダラーの追加費用が必要ないLightWave v9の特徴がでてますし。水崎さんのコラムも少人数で仕事する際のノウハウが書かれてて結構勉強になりました。

そう、あと、アニメーションといえば、昨日アカデミー賞の短編アニメ部門で「つみきのいえ」がみごとアカデミー賞を受賞されましたよね。これを機にアニメーション作ってみたいってヒトが後に続くと、きっとまたすばらしい作品も増えると思います。今後が楽しみですね。

CGプロダクション&クリエイター2009は、エヌジーシーはLightWave v9.6とマーズがmodoの広告を載せたんですけども。。。modoのタイトルが!

ぜひ、くわしい記事の内容は、CG WORLD 4月号 ・ CGプロダクション&クリエイター2009 でご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.