2011年 9月 20 日

LiquidPack v1.31 日本語版&64ビット版リリース!

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 3:45 pm

本日よりLiquidPack v1.31 日本語版および64ビット版をリリースいたします!

このLiquidPack v1.31は、NVIDIA社のCUDAテクノロジおよびPhysXテクノロジを利用して、高速シミュレーションさせることが可能なプラグインとなっています。

LiquidPackはシミュレーションさせる対象に応じて、二つのモジュールで構成されています。

ひとつはNVIDIA CUDAテクノロジを活用して波や液体の動きをシミュレーションさせるNaminamiFX

そしてもうひとつが、CUDA PhysXテクノロジを活用してパーティクル演算を高速に行うためのFluidParticle

今回から日本語版GUIをご用意いたしましたので、パラメータを直感的に理解することが可能になり、より使いやすくなりました。また、さらに大規模なシーンでもご利用いただけるよう、64ビット版もご提供いたします。

簡単なチュートリアル付の体験版をご用意しておりますので、まずはお試しくださいませ!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 9月 12 日

3DCG AWARDS 2011応募終了まであとわずか!

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 8:23 pm

いよいよ3DCG AWARDS 2011の募集締め切りが目前に迫ってきていますが、皆様準備を進めていらっしゃいでしょうか?

昨年度の3DCG AWARDS 2010の一般部門で優秀賞を獲得された 大谷太郎様作品「ちょう使いまわし」はLightWave 3Dを利用して制作されており、今年の弊社の年賀状としても使用させていただきました!

本年もまた、LightWave 3Dを使用して製作された素敵な作品の数々にお会いできることを、心より楽しみにお待ちしております!

ツイートツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 9月 05 日

SpriteGen機能の実践使用法

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 2:57 pm

LightWave 10から搭載されているSpriteGen機能は、ゲームなどで多用されるスプライトアニメーション用データを出力するための機能です。

このSpriteGen出力機能を、実際のゲームアニメーション製作用の編集ツールGame Editorの使い方とともに解説しているビデオが公開されています↓

ゲームアニメーションを製作される方にはこのSpriteGen出力機能、とてもおススメのLightWave 10新機能となっています。

ちなみに、個人的にはこのビデオの中で解説されているノーマル移動ツールを使用してドーナツ型モデルの太さを簡単に変更する方法、当然の使い方ではあるのですが、これほどピッタリくる使用法は目からウロコでした。このノーマル移動ツールを使えば、曲線に沿って押し出したパスなども、後から太さを変更することが簡単にできるんですね。使いこなしていないだけで、まだまだ便利なツールがモデラーの中には揃っているのだと、改めて実感しました。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 9月 01 日

LightWave 10.1 日本語版ダウンロード開始!

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 5:06 pm

いよいよ本日よりLightWave 10.1日本語版ダウンロードを開始いたしました!

このバージョンアップでは、新しいサブサーフェイススキャッタリング用ノードの追加、ステレオスコピック機能の拡張、FBX出力の改修などのほかにも、様々な機能追加・修正が行われています。

詳しくはLightWave 10.1新機能リストをご覧ください。また、各機能に対応する日本語字幕つき機能紹介ビデオも公開しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

このLightWave 10.1日本語版は、LightWave 10日本語版をお持ちの方に弊社ダウンロードサイトより無償でご提供いたしておりますので、ぜひご利用くださいませ!

LightWave 10.1 日本語版ダウンロードはこちらから。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.