2011年 6月 28 日

Adobe Flash CS5.5対応Swift 3D インポータ配布開始

カテゴリー: Swift 3D — ストーム君 @ 7:29 pm

今月一杯でキャンペーンが終了してしまうSwift 3D V6ですが、Adobe Flash CS5.5対応のインポータの配布を開始いたしました。

これにより、Swift 3D V6で作成したSWFTファイルを直接Flash CS5.5へと読み込んで、編集することが可能になります。もちろん対応しているのはCS5.5だけではありません。MX以降のFlashの全バージョンで読み込みが可能になっています。Windows/Macintoshそれぞれに対して日本語インストーラを用意しておりますので、インストール作業はいたって簡単!インストール後にFlashを再起動すると、SWFTファイルが読み込めるようになっています。

FlashへとSwift 3D V6で出力したデータを持っていくには、まずSwift 3D V6の以下のGUIからSWFTファイルを出力してください。

次にFlashを起動し、ファイルメニューから読み込みステージに読み込みもしくはライブラリに読み込みで製作しておいたSWFTファイルを指定すると、ステージやライブラリへとSWFTファイルを読みこまれるようになります。

読み込んだSWFTをステージ上で展開してみると、アウトライン/反射/影/色といったレイヤーに自動的に分けて読み込まれているのがわかりますね。また静止しているオブジェクトと動いているオブジェクトとをレイヤーわけを行うことで、データの重さを軽減しています。

Swift 3D V6だけでFlashのコンテンツを作る!というのではなく、インポータを使うことで、Swift 3D V6でつくったコンテンツをFlashの中で利用するといった使い方が自由にできるようになります。Swift 3D V6既存ユーザーの方には無償で下記弊社ダウンロードサイトより配布しております:

弊社ダウンロードサイト

Swift 3D V6キャンペーンはいよいよ今月末までとなりました。Swift 3D V6は体験版もご用意しておりますので、ぜひ一度お試しください!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 6月 17 日

JetStreamFX 日本語版登場!

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 11:34 am

infiniMap Proの販売を開始したばかりですが、LightWave 10対応のプラグインはそれだけではありません。

今回、新たに日本語インターフェイスで生まれ変わったLightWave 10対応 JetStreamFX を販売を開始いたしました!インターフェイスが完全日本語化されたことにより、さらに使いやすく直感的に設定できるようになりました。

JetStreamFXは煙や炎といった表現を、OpenGLを利用することで、高速にレンダリングするためのプラグインです。もちろんLightWave 10にも標準でそういったエフェクトを表現するための機能も実装されていますが、このJetStreamFXの場合、OpenGLを利用した描画なので、はるかに高速な描画が可能になります!ただし、グラフィックボードの機能に依存している関係上、どうしてもグラフィックボードやそのドライバのバージョンによっては正しくレンダリングできないケースもあります。ご興味がある方は、ぜひ体験版をご利用いただき、お使いの環境で問題なくご使用いただけるかをご確認の上、ご購入を検討くださいませ!

体験版では、製品版と同様のサンプルシーン、マニュアルが付属しておりますので、存分に納得されるまでお試しください!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年 6月 13 日

LightWave用プラグイン「infiniMap」「exrTrader」販売再開!

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 8:37 pm

LightWave 3Dには有償・無償問わず、様々なプラグインがありますが、弊社で取り扱っている「infiniMap」をご存知ですか?

このプラグイン、高解像度の画像を取り扱う際に、大変便利なプラグインなのです!たとえば、8000×6000ぐらいの解像度を持つ画像をLightWaveに読み込むと、それだけでメモリを圧迫してしまい、動作が遅くなってしまうことがありますよね。でも、天体画像や背景画像など、高解像度の画像でないと、キレイにレンダリングできない、カメラを遠くから近くまで一気に寄っていくことができない、というジレンマが生じてきます。そんなときにこのinfiniMapプラグインを使用すると、そんな高解像度の画像を読み込んでることを意識させることなく、軽快な動作を保証してくれます。

高解像度の画像をよく使うユーザー様には本当にオススメなプラグインになっていますので、ぜひ試してみてください↓

http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/plugins/infiniMapPro/index.html

このページでダウンロードできるプログラムは、ライセンスがない場合には体験版としてご利用いただけるようになっています。体験版ではinfiniMapで読み込んだ画像の投影方法に制限などがありますが、サンプルチュートリアルが用意されていますので、高解像度の画像を読み込んだときの動作を実感していただけるようになっています。

また高解像度の画像に使用される画像フォーマットとして、ECW、OpenEXR、それにJPEG2000が対応していますので、そのフォーマットの高解像度画像をお持ちの方は、ぜひ実際にお試しください!

さらにinfiniMapの開発元であるdb&w社からは「exrTrader」というOpenEXRフォーマットをレイヤー分けして出力できるプラグインも用意されています↓

http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/plugins/exrTrader/index.html

こちらも体験版モードで動作をご確認いただけますので、OpenEXR形式で作業される機会が多い方は、ぜひ一度触ってみてください。

さらに、他にもdb&w社では、フリーのプラグインコレクションも公開しています↓

http://www.db-w.com/products/dbwtools/docs?showall=1

フリーのノードが多数公開されていますので、ノード編集を多用される方にはオススメです。

db&w社では優秀なプラグインがそろっていますので、試してみていただければ、きっとお気に入りのプラグインが見つかりますよ!

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.