2009年 5月 29 日

LightWave v9.6 学生版値下げしてました!

カテゴリー: LightWave 3D, 商品の説明 — ストーム君 @ 3:27 pm

LightWave v9学生版値下げ実は、あんまり大々的にアナウンスしてなかったのですが、LightWave v9.6 3月から学生版は、大幅に値下げしております。値下げをすると良くないことを言う人も多いのですが、学生さんにとっては、絶対安い方が良いと思いますので、これはいいニュースなんじゃないかと思います。

LightWave v9.6学生版は、いくつかの使える特徴があります。

  1. ライセンスがずーっと使える(卒業しても使えます)
  2. 仕事やアルバイト、学生のうちに起業したとしても使える
  3. アップグレードも使える
  4. 実は就職しても使える

などなど、いくつか使える特徴があります。以前もLightWave v9学生版の特徴について書いたことがありますが、ちょっと紹介していこうかと思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 5月 26 日

CGWORLD リニューアル 7月号

カテゴリー: LightWave 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 10:29 am

CGWORLD 7月号

CGWORLDがリニューアルになりましたね。ロゴや表紙のデザインだけでなく紙の感じもかわってて、結構良い感じです。今回は、特集「CGキャラクター誕生の秘録」で、アニマの石川さんPSP版戦国BASARA BATTLE HEROESで、LightWaveを使ってキャラクターアニメーションの制作されたので、紹介されていました。ボーンのセットアップなんかも画面キャプチャが載ってるので、参考にできるんじゃないかと思います。

第2特集としては、「デジタルサイネージの作り方」という記事が載ってます。このデジタルサイネージ、実はエヌジーシーにとって、現在力を入れている事業の一つです。

簡単に言うと電子看板なのですが、この電子看板、映像や音楽などのデジタルコンテンツを再生できると言うことで、現在、CGや映像などのデジタルコンテンツの制作をしている制作者の方々の作品が再生できます。おまけに、映画館、テレビ、ゲームなど限られたメディアではなく、看板ですから町中のどこでもあるので、デジタルコンテンツを再生する機会もそれこそ無限に有るのです。その結果、皆さんのお仕事も増やすことができるんじゃないかと期待している分野なんですね。

今回その特集に、エヌジーシーのデジタルサイネージの担当者と、うちのデザイナーが掲載されています。
文中のコメントは若干表現がオーバーで本人はその様には話してないとは言ってますが。。。w
どう書いてあるかは、ぜひ記事をご覧ください。

これからデジタルコンテンツの制作者を目指しているかたには、ゲームや映画、PV、Webなどのこれまでのメディアだけでなく、新しいメディア
デジタルサイネージについても注目しておくといいと思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 5月 20 日

LightWave Creators Night vol.2 6月16日AppleStore GINZAで開催

カテゴリー: LightWave 3D, イベント, ストーム君日記 — ストーム君 @ 2:30 pm

先日開催したLightWave Creators Nightの第2弾を、2009年6月16日火曜日に、AppleStore GINZAで開催いたします。今回のゲストは、前回HPで行った「LightWave ソリューションセミナー」で登壇されたコレサワシゲユキ氏です。今回もマンガ作成ツール「コミックスタジオ」とLightWave 3Dとの連携についてお話しされます。

時間は前回のLightWave Creators Nightと同様、19時スタート。会社帰りにふらっとお立ち寄りください。

参加申し込みは、エヌジーシーホームページをご覧ください。
参加申し込みホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 5月 15 日

TriCasterの兄弟機3PlayがNABでSTAR賞を受賞!

カテゴリー: ストーム君日記 — ストーム君 @ 9:43 pm

3PLAY

TriCasterの兄弟機でマルチチャンネル同時録画再生が可能なビデオディスクレコーダ「3Play」が、NABでSTAR賞を受賞したとPRO NEWSさんの記事で紹介されました。この3Play、まだ国内でのアナウンスは正式には行っていないのですが、近々ご紹介できるんじゃないかと思っています。

実は、うちのデモルームに実機は来ているのですが、まだ店長は筐体だけで、動作しているところはちゃんと見せてもらってないのです。この手の、プラグやスイッチがたくさんあって、画像をパチパチ切り替えられるのは、なんだかかっこよく感じてしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 5月 12 日

有償トレーニング「Autodesk 3ds Max レンダリング編 mental ray 」6月より開始

カテゴリー: 商品の説明 — ストーム君 @ 6:09 pm

好評のエヌジーシー有償トレーニングに新講座が追加になりました。3ds maxのレンダリングmental ray編です。

内容的には、すでに開始しているMayaのmental ray編の3ds maxとおなじで、GIやって、Final Gather(ファイナルギャザー)やって、といったトレーニングの目的とするものは、一緒なのですが、maxとmayaでは設定する項目も全然違うので、やる内容も全く異なったものとなっています。

maxでビジュアライゼーションをやる方は、ぜひ受講されてみてはどうでしょう。レンダリングの質が向上すると思いますよ。

詳しくは、エヌジーシーイベントカレンダーをご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年 5月 11 日

LightWave v9.6公認パソコン【マウスコンピュータ】の実力

カテゴリー: LightWave 3D — ストーム君 @ 4:53 pm

LightWave v9.6公認パソコンベンチマークマウスコンピュータより発売されているLightWave v9.6公認パソコン(Lm-i451S-WS-LW)の動作時のベンチマークを取ってみたので、普段社内で使用しているGeForce 8800GT搭載の某社パソコンと比較してみました。

今回のベンチマークは、LightWave 3Dの代表的なサンプルシーンを読み込んで、画面の描画のフレームレートを計測しています。ですので、数値が大きいほど同じ時間内に、多くの回数で画面を描画することができるので、高性能と言うことになります。これは、シーンファイルの編集している際の操作感に関係していて、主にOpenGLの機能が左右されるところを測定しています。

シーンによっては、あまり体感できないところもあるのですが、全体的にまとめるとその差は、2倍近い差がついています。LightWave v9.6公認パソコン(Lm-i451S-WS-LW)に搭載されているビデオカードは、Quadro FX 370というQuadro FXシリーズでも比較的安価なビデオカードなのですが、画面を操作する際には、その効果はそれなりにあるという結果が出ています。

LightWave 3Dは、特殊なOpenGLの使い方をしていないので、Mayaや3ds maxみたいに、高額なグラフィックスカードに専用ドライバをインストールが必要といったことは、特に必要ないので、同じNVIDIAのGeForceを使用しても特に問題は無く、比較的敷居の低いパソコンでも十分動作するのですのが特徴です。ただ、公認パソコンのように操作感にもこだわりたいのであれば、ぜひCPUやメモリだけでなくビデオカードちょっと良い奴を検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.