2008年 4月 25 日

Swift 3D V5からBlend 2.5に読み込ませてみた

カテゴリー: Swift 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 7:58 pm

前回は、Swift 3D V5からSilverlightのXAMLファイルと、htmlファイルを単純に出力してWebサーバーに上げてみた。ただ、実際のSilverlightのコンテンツ制作では、Blendに読み込ませてパーツのレイアウトをすることが、ほとんどだと思うので、Swift 3D V5からSilverligth用のファイルの出力を行い、Blendに読み込ませてみた。

マイクロソフトのExpression Blend現在発売中のバージョン1だと、Silverlightのプロジェクトは、作成できない。今回は、現在プレビュー版としてリリースされている「Microsoft Expression Blend 2.5 March 2008 Preview」を、使う事にする。

XAMLの作り方は、前回同様なので、BlendでSilverlight 1のプロジェクトを作成して、出力された、XAMLファイルを読み込む。読み込むと、自動的に、SilverlightのプロジェクトフォルダにXAMLファイルもコピーされている。

BlendにSwift 3D V5からのXAMLを読み込ませたところ

XAMLファイルをダブルクリックすると、上の画面の用になる。Swift 3Dからレンダリングされて生成されたイメージは、Swift 3D CANVASと言う名前の、キャンバスとして出力されている。

タイムラインを選択する

Swift3DCanvasを選択して、タイムラインを選択すると、

Swift 3D V5でレンダリングしたアニメーションが表示される。それでは、Swift3DCanvasをPage.xamlに配置をする。以前にZAM 3Dのテストの時は、タイムラインのオブジェクトを選択し、コピー&ペーストで、Page.xamlに配置を行った。
今回も同様に、Swift3DCanvasをコピーして、Page.xamlのタイムラインにペーストした。

しかし、このままでは、さっき確認できたアニメーションまではコピーされていない。XAML表示をさせても、元のファイルにはあった、Canvas Triggerタグが無くなっている。

XAML表示を行い、Page.xamlのSwift3DCanvasの該当部分にペーストした。

XAMLとしてペーストを行うと、ちゃんとSwift3DCanvasを選択し、タイムラインの表示ができた。

あとは、背景を設定して、アップロードを行うと、こんな感じになった。

実際のファイルは、ここから(要Silverlight)

クルッと箱が一まわるすることが確認できると思う。

さて、ここで何気なくコピー&ペーストでアニメーションをコピーしたけど、Swift 3D V5のタイムラインは、フレーム単位。Blendは、秒単位になっていて、時間軸が実は異なっている。Swift 3D V5では、30フレームのアニメーションを作成して、Swift3DCanvasのタイムラインをみると1.5秒なので、どうやら一フレーム0.05秒に設定されているみたい。これが変更できるのかどうかは、XAMLの中身を調べてみないと分からない。

なんとなくだけど、Silverlightのコンテンツを作成するのは、Blendだけで完結することは少なくXAMLを直接触る必要もちょくちょく出てくるんじゃないかと思う。下記に、Swift 3D V5から出力されたXAMLファイルのリンクを掲載するので、興味のある方は試しに読み込んでみてください。

今回Swift 3D V5から出力された、XAMLファイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリップスープ

カテゴリー: ストーム君日記 — ストーム君 @ 10:02 am

こんにちは店長です

月曜日に、銀座松屋の九州物産展に出展していた、チューリップスープに行って来ました。当たり前ですが、もうとっくに食べちゃって、写真はないので、どんなものかはマーズのブログをご覧いただければと思います。

マーズブログ「GINZAの九州物産展」

クラムチャウダーを食べましたが美味しかった?。

ただ、男のボクには量が少なかったので、鶏めしも食べちゃいました。

次回は福岡のチューリップスープでモリモリ食べたいですな。

ツイートツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 4月 19 日

とりあえずSwift 3D V5からSilverlightを出力してみた

カテゴリー: Swift 3D, ストーム君日記 — ストーム君 @ 12:43 am

Swift 3D V5からXAMLファイルの出力

この前の日記にも書いたけど、Swift 3D V5からSilverlightのXAMLファイルの出力が出来る様になったので、試しに出力してみた。

  1. BOXを作って、くるっと回転
  2. おなじみRAViXを使って、レンダリング
  3. XAMLフォーマットを選んで、形式にSilverlightを選んだ。

XMLファイルと、HTMLファイルが生成されて出来たファイルはこんな感じでした。

サンプルファイル(Silverlightが必要です)

XAMLは、objectタグで呼び出されていて、よくあるようなJavaScriptで呼び出す形じゃないけど、簡単なアニメーションを再生する最低限の設定は、行われて出力されています。
また、Max OSX版のSwift 3D V5から出力したんだけど、この辺は特に問題なかったです。ほんと、とりあえず出力だけしてみました。こんどは、Expression Blend 2.5 Previewと組み合わせて何かやってみようと思います。

あと、近日中にDSTORMから新製品 ZAM 3Dの紹介が出来そうです。当分XAMLと付き合いが続きそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 4月 15 日

戦闘妖精雪風

カテゴリー: ストーム君日記 — ストーム君 @ 10:02 am

戦闘妖精雪風のパッケージと初回限定なのかな?立体下敷き
modoのプログラマーでもあるtazさんから、 「戦闘妖精雪風」をお借りしたので見せてもらう。先日GONZOさんにお邪魔した話をしたら、設定資料のコピーとDVDを貸してくれたのでした。

とにかく、この作品カッコいい&オモシローい
メイキングには、LightWave もたくさん写ってるしLightWave な方は必見ですね。

最近出ているDVD Box だとHD版イメージビデオも収録か?こっちも観なくちゃ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 4月 09 日

LightWave v9 9.5 Sneak Previewが行われました。

カテゴリー: ストーム君日記 — ストーム君 @ 6:57 pm

LightWave v9 9.5 Sneak Preview終了

先週の水曜日、4月2日に LightWave v9 9.5 Sneak Previewが行われました。イベントでは、9.3.1から追加された機能の紹介を中心に、新ファーシステムのFiber FXや、新しいIKのシステムになるJointなどの新機能が紹介されました。

NewTekでも、オープンベータが行われただけでこのようなイベントはされておらず、このような形で皆様にご紹介させていただくのは、世界初だったと思います。

そのせいか、会場もお客様で大変にぎわっていました。今後もぜひこのようなイベントを開催できればと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 4月 01 日

LightWave v9 9.5 Sneak Preview

カテゴリー: ストーム君日記 — ストーム君 @ 11:26 am

明日4月2日は、アップルストア銀座にて、LightWave v9 9.5のデモンストレーションを行います。当然今回のデモンストレーションは、Mac OS X 10.5で行うので、マックユーザーにとってはとても興味深いと思いますが、Winな方も機能は、WinもMacも同じなので、ぜひご覧いただければと思います。

当日は、アンケートをお答えいただいた方全員に、白組制作の「VISIBLE」をプレゼント
また、LightWave v9の製品版(1名)と、LW関連書籍のプレゼントが当たるプレゼント大会を行います。

仕事帰りに、ぜひ遊びに来てください。
皆様のご来場をお待ちしております。

イベント情報
LightWave v9 9.5 Sneak Preview
日時:2008年4月2日 19:00より開始(18:45開場)
場所:アップルストア銀座
http://www.apple.com/jp/retail/ginza/week/20080316.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright D-Storm, Inc. All right reserved.